うっとり金魚~fallingtopieces

毎日のこと、音楽や、小さな情報など、のんびりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

にゃんこの日

CA3A0245.jpg
今日は 2月22日「にゃんこの日」ってことで みけちゃんの写真をアップしようと思ったら、
この寝ぼけた写真しかとれず(^^;  
今日は少し暖かかったので、珍しく「おこた」の外で爆睡中です。
「み~け!」と、声をかけたら 不細工な感じで(笑) 目を開けようとしました。
世の中には 可愛いねこちゃんが たっくさんいるけれど、私にとっては みけが1番です
大切な宝物です。

CA3A0247.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/02/22 23:29 ] みけにゃんこ | TB(0) | CM(0)

シャネル&ストラヴィンスキー

今日は 楽しみにしていた 「シャネル&ストラヴィンスキー」を 観に行きました。もう、うっとりでした!私はブランドとか ま~~~~ったく興味がない人で、前に 「シャネルN゜5」を 母からもらった時も、「うっぷ・・」なんて思ったりしたのですが、シャネルの意思を継いだデザイナー、カール・ラガーフェルドが 当時を忠実に再現した衣装や、田舎のヴィラ(別荘)のアール・デコ風インテリア、「女性そのものを感じる香りを創りたい」と、香水創りに魂を注ぐ舞台となるグラース等々 うっとりする映像満載でした。
そして ストラヴィンスキーの音楽!! 誇り高いロシアの血と前衛的なものを求める彼の音楽が またすばらしい!特に、1913年、シャンゼリゼ劇場での「春の祭典」初演時のブーイングの嵐!噂には聞いていたけれど 本当にこういう感じだったのだろうな~と興味深く見ました。大不評だったニジンスキーのバレエの振り付けも面白いこと!
cs.jpg

ストラヴィンスキーの才能に惚れ込んだシャネルが、彼が仕事に打ち込めるようにと、ガルシュに所有する自分のヴィラで暮らすよう提案して、彼はすぐさまヴィラへと移り住んじゃう。4人の子供たちと、肺病を患う妻を連れて。そして ココとイゴールは。。。
事実はどうあれ?時代をアグレッシヴに生きる 2人のの感性がぶつかりあう様は、苦しく、美しく残酷でもありましたね。 妻も苦悩しますが 本当によくできた(ココとは反対の意味で)強い女性だったのですね。

ココ・シャネル役のアナ・ムグラリスの美しさと言ったら!まさに歩く芸術品。そしてダミ声がまたかっこ良かったですわ。そうそう、2人の連弾シーンで使われた「五本の指で」や、「五つのやさしい小品」 弾き直してみようっと! 正直、あんな素敵な曲だったとは・・・(笑)

シャネル&ストラヴィンスキー (COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY)

先週末は 「ボディーガード」(何回目?・・笑・・) 「グレン・ミラー物語」 そして「Night and Day」(コール・ポーター伝記映画、「五線譜のラブレター」じゃない、古~い1946年作品)を 観ました。そのうち 何か書くかも(^^)
音楽映画 ついでに? 今週末か来週は 「シャネル&ストラヴィンスキー (COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY)」に行く予定。 (今日は 「かいじゅうたちのいるところ」でしたが)
ストラヴィンスキーも 大好きな作曲家。これは「春の祭典」が フィーチャーされているみたいですね。「ペトルーシュカ」は大好きな曲だし、「火の鳥」も いつか2台ピアノバージョンで挑戦したいと思っています!
http://chanel-movie.com/


かいじゅうたちのいるところ

今日は「かいじゅうたちのいるところ Where The Wild Things Are」を 観に行きました。(残念ながら上映している2か所がどちらも吹き替え版でした)

trailerを観ただけでも あの可愛すぎる 着ぐるみかいじゅうたちの目とお尻(自分を見ているような・・笑)に じ~んと来ていたので 期待大でしたが それ以上!でした。あのモーリス・センダックの絵本を ここまで膨らませて 特に かいじゅうたちそれぞれのキャラを浮き立たせて とっても繊細な 哲学的でさえある内容に昇華させた Spike Joneze監督、脚本 Dave Eggersそして プロデユーサーTom Hanks、Gary Goetzmanは さすがですね~。
http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare/
http://wherethewildthingsare.warnerbros.com/


誰にもかまってもらえず 毎日暴れまくりの少年マックス(7才)は、母親とケンカをして家を飛び出す。気がつくと船に乗って荒れ狂う大海にこぎ出していた。たどりついた島には見たこともない かいじゅうたちがいる。せっかく作ったうちを壊しまくるキャロルはまるでマックスと同じ(笑) 誰にもかまってもらえないと拗ねるアレックス。自分の場所が見いだせないKWなどなど・・。誰もが心の中に持つ 「何か」を抱えているかいじゅうたち。口から出まかせで? 彼らの王様になっちゃったマックスは、かいじゅうたちと一緒に誰もが幸せになれる世界を築こうとするんだけれど・・・。 「王様だったらなんでも解決できる?じゃあ、孤独も何とかできるの?」んん~~~~深い!あのふかふか着ぐるみかいじゅうに こう言われちゃ 唸るしかありません。
これってお子様仕様になっているけれど、むしろ大人向けなんじゃ?リアルお子様たちはどんな印象を持つんだろうか?
DVDで 字幕版見直したい。サントラCD,そしてキャロルのふかふかキーホルダーが欲しいよぉ!
(やっぱり 子供店長の声には ちょっと・・・・・

WHERE THE WILD THINGS ARE trailer


この曲もよかったな~
Karen O & The Kids - All Is Love (Where The Wild Things Are)




Tim & DML 情報

今日、CLUB CITTA' HP先行チケット @川崎2日分 入金してきました。ん~~~初日、名古屋も行きたいけれど、4月終わりと5月初めに (自分の)コンサートの予定があって考え中。
去年の MMの二の舞はごめんだから、コンサートを 断る勢いなんだけれど、友人から大ヒンシュク「おいおい・・」言われちゃったしな~~(笑)
Timは 相変わらず マメに JP情報を facebookにアップしてくれてる。
ほんっと、いい性格してる!
なんだか ドキドキしてきた~

[ 2010/02/01 21:34 ] Tim Christensen / DML | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。