うっとり金魚~fallingtopieces

毎日のこと、音楽や、小さな情報など、のんびりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tim Burton's Corpse Bride / かりそめの愛はいらない

ティム・バートン、マイク・ジョンソン監督/製作作品 「Tim Burton's Corpse Bride / ティム・バートンのコープス ブライド」観てきました。
幸せな1時間17分でした。初めから終わりまで1シーン1シーンしっかり観ました(つもり^^;)これはストップモーション・アニメでパペットを僅かずつ動かして撮影していくもので、(時には0.5ミリずつ!)12時間の作業でできるのはたったの1秒か2秒分だそう。気の遠くなるような芸術です!
*ちょっとだけstory*
9世紀のヨーロッパ。金持ちだが身分は低いバン・ドート夫妻の子息ビクター(声/ジョニー・デップ)と、零落した貴族エバーグロット卿の娘ビクトリア(声/エミリー・ワトソン)は、親同士の取り決めで婚約していた。結婚式の前日のリハーサルで、二人は初めてお互いに顔を合わせる。
ビクトリアの両親は、結婚に愛情は不要だと言い切っていたが、ビクトリアは愛し合える伴侶と生涯を共にしたいと望んでいた。お互いに相手に対して不安を抱いていたが、実際に言葉を交わすと、自然と惹かれ合うように。
しかし気弱なビクターは、結婚式のリハーサルで緊張して、失敗の連続。
その晩、屋敷を出て、森の中で一人誓いの言葉を練習していたビクターは、地面から突き出ていた棒切れに結婚指輪を嵌める。
だがそれは、かつて結婚を目前に死亡した女性の白骨化した遺体の手であった。ビクターの愛の言葉で蘇った花嫁"コープス ブライド"エミリー(声/ヘレナ・ボナム=カーター)は、結婚が成立したと彼に迫るのだった。

ティム・バートン+ジョニデ+ダニー・エルフマンと来たら、もうその幻想世界にひたすら浸るしかありません。ビクターの頼りなさげな表情がジョニデに見えてくるぐらい(笑)素晴らしいキャスティングでしたね。
セピア色でひんやりと暗い 「生の世界」と ヴィヴィッドで元気で楽しそうな 「死の世界」のコントラスト。すぐ隣にあって繋がってさえいるのに、どうしようもない別世界。 「生の世界」に恋しい人がいて、 「死の世界」に愛しい人がいる。キャラクターも絶妙で、骸骨たちの歌や音楽も ブロードウェイミュージカル?ってぐらいに楽しかった。さすがエルフマン!
ビクターもコープス ブライドもビクトリアも 三者三様に「いい人」で、愛を求めている。3人に幸せになって欲しいけれどそうはいかない。最後のブーケトスのあとの コープス ブライドは ぞくっとするほど美しかった!
この映画にはピアノを弾く場面がたくさんあるんですが、ピアノのメイカーは「ハリー・ハウゼン」(ストップモーション・アニメの神様だそう)
ビクターもピアノがなかなか上手(笑)特に ビクターとコープス ブライドの連弾はステキでした。ちゃんと指も音と鍵盤に合ってたしね(^^) わたしは常々 「連弾は 恋人同士で弾いてこそ楽しいモノ!」と思っているので、このシーンはかなり楽しかったな~。楽譜欲しいな~。
ん~ティム・バートンはヘレナ・ボナム=カーターと出会って、幸せな愛の世界を自然に表現できるようになったのかな~。月並みだけれど「生と死、そして時間を超えた愛の映画」です。






スポンサーサイト
おー観てきましたか!いいなー
私も観たいなあ(>_<)

ところで、インキュのこの曲、
私が初めて聴いたインキュの曲で懐かしいんですけど。
Driveでしたっけ?
[ 2005/10/23 23:18 ] [ 編集 ]
お久し振り!?
これ、私も観たい。
最初は声がジョニデなだけなら観なくても・・・。
と思ってたけど、チャーリー観たら、
こっちも観たくなっちゃった(^_^;)
[ 2005/10/24 00:47 ] [ 編集 ]
なんかおひさです。
こ・ぉ・ぷ・す・ぶらーいど!(壊)
まだ見てませんが、CM見るだけでもう、だめです。
いぬっころとかお子様?も可愛いし世界観だけでもわくわくなんですが、もう、そこにエルフマンとくれば。
エルフマンの歌声を映画館まで聴きに行かなくちゃ行けません、私は(笑

連弾は恋人と。
これってなかなか難しいのでは?
のだめの千秋が相手だったら、即怒られそうだし…(笑)

[ 2005/10/24 01:51 ] [ 編集 ]
>ゆっぴさん
とても綺麗でいいお話でした。
時間あったら観てね(^^)
そうそう、インキュ"Drive"ですよ~。
インキュはこのヒットから一般的に?浸透したかも。
懐かしいよね(涙)
PV貼り始めたら懐かしい曲ばかりアップしちゃってます(^^;
[ 2005/10/24 21:19 ] [ 編集 ]
>濱さん
うんうん!
で、コープスブライド観ると、またチャリチョコ観たくなるよ~(笑)
ジョニデ声優初挑戦だったらしいけれど、最高!!
[ 2005/10/24 21:22 ] [ 編集 ]
>華月さん
ごぶさたでした~!!
そうなの、ビクターが前に飼っていた愛犬Scrapsに出会うところは
感激でしたよ~。ホネホネなのに可愛いし~!
本当に、こんな世界に亡くなった人がいて自由に会えたらな~なんて・・思ったりしました。
エルフマン本当にすごいね。音楽聴くだけでもわくわくです。
>連弾
無理かな~♪
ってゆうか、わたしも怒りそう(笑)
[ 2005/10/24 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

ティム・バートンな一日
某掲示板で明日行きますー!とか言ってた「チャーリーとチョコレート工場」まだ行ってませんでした;という事で、仕事行く前に六本木ヒルズで「コープスブライド」とはしご鑑賞してきた。ホントだったらチャリチョコ&コープスブライドのセットチケット(携帯ストラップ付き
[2005/11/08 22:29]
映画「ティム・バートンのコープスブライド」
原題:TIM BURTON'S CORPSE BRIDE  -二人の花嫁- 19世紀ロシア民話を元にしたストップモーション・アニメによる映画化、ティム・バートン監督とジョニー・デップ(声)のコンビ作品。・・・結婚式の予行演習を失敗して気落ちする気弱な若者ビクター、帰り道、誓いの言


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。