うっとり金魚~fallingtopieces

毎日のこと、音楽や、小さな情報など、のんびりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たまには日記。。。/Amedeo Modigliani

昨日は 隣市の美術館へ 「リール近代美術館所蔵/ピカソとモディリアーニの時代」 を観に行きました。ピカソ、モディリアーニをはじめブラック、ユトリロ、 ルオー、ミロ、クレー、カンディンスキー、ビュッフェ等々激動の20世紀美術の軌跡がコンパクトにまとめられていて なかなか楽しめました♪
実はわたし、「ベタ!」と言われようが(笑) モディリアーニが好きなんですね~。自分でも何故かわからないんだけれど、観ていると涙が出ちゃうんです。この細いフォルムに憧れがあるのか (自分にはあり得ないものなので)、 ちょっと首を傾げた、どこをみているのかわからない視線。 永遠をみつめているのか、または何も見ていないのか。 暗く美しい シンプルなのに深い色彩に魅き込まれます。 まぁ、ジェラール・フィリップ主演の映画、『モンパルナスの灯』の 影響が大きいとは思います。(実際のモディーがジェラールほどの超美形ではなかったのはわかっていますが(^^;)
この「母と子」は、妻ジャンヌと娘を描いているらしく、凛とした幸福感に溢れています。でも この二人は出会いから僅か3年後、彼は病死。その2日後、ジャンヌは第二子を宿したままアパルトマンの窓から身を投げてしまいます。
Bunkamuraでも「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展~運命のアーティスト・カップル~」が始まっていますね。来月、30STMのライヴ前に、絶対観に行こうと今から楽しみにしています♪



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。