うっとり金魚~fallingtopieces

毎日のこと、音楽や、小さな情報など、のんびりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Andrew Wyeth / アンドリュー・ワイエス

wyeth1.jpg

このGWは 妹や親戚の子たちのお相手で 飯坂、中野不動尊、あづま運動公園、土湯、猪苗代湖周辺、淡水魚館などなど・・・近場をうろうろしました。
今日は やっとひとりになって 以前から行きたかった「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」を 観に美術館へ。今回は、素描、水彩から、テンペラ、ドライブラッシュなど、習作から完成品への過程が見られる企画になっています。
まるで、絵の中からモデルの呼吸が聞こえそうな、この空間に抜け出て来そうな、不思議なリアリズム。風景の空気がヒリヒリと伝わってくるような 作品群の静謐さに圧倒されました。
残念なことに ワイエスはこの展覧会を待たずして 今年1月16日 この世を去ってしまいました。
インタビューでは 「感情と精神を併せ持つ芸術は素晴らしい。91才だからできないことなんて何もありません」とおっしゃっていました。
↑は 今回一番気に入った「三日月」です。素朴な物置にかかる年月を経た籠たち。遠くに見えるクリスマスツリー。そしてそこにかかる 細い三日月。涙が出ました。
wyeth4.jpg
5/10までなので、お時間のある方はぜひぜひどうぞ!
http://www.art-museum.fks.ed.jp/menu_j.html
結局、トートバッグやファイル、カードなど たくさん買い込んでしまいました

スポンサーサイト
[ 2009/05/06 21:01 ] ちょっとした情報 | TB(0) | CM(4)
いい絵ですね~。
この日記を機会に、
ネットでですがアンドリュー・ワイエスの絵をいろいろと観ているんですけど、
自分の中でなんだかタルコフスキーの映像を観た時と近い感情がわいてきました。
画集欲しいな。
[ 2009/05/10 03:08 ] [ 編集 ]
>たくろるさん
わお!興味を持っていただいてうれしいです!
何故ワイエスがその絵を描いたのか、背景を知ると もっと深みが感じられて、むしろ驚きの連続でした。
タルコフスキーは 観たことがないのですが、難解なイメージが・・・v-13
[ 2009/05/10 23:38 ] [ 編集 ]
タルコフスキーは確かに難解なイメージあると思いますが、
頭で考えず、映像を観てるだけでも惹きこまれちゃいますよ~(^^)

http://www.youtube.com/watch?v=PBZsj8FPSbo
http://www.youtube.com/watch?v=g6GZzFb_fOI

いろんな作品からまとめたものがありました。
http://www.youtube.com/watch?v=W02LTH8qba0
[ 2009/05/11 20:21 ] [ 編集 ]
>たくろるさん
いろいろ観てみました!
自然に吸い込まれる感じで 素晴らしいですねe-446
画像も時間の流れ方も、癖になりそうです。
今度DVD借りてみます。
[ 2009/05/12 23:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。