うっとり金魚~fallingtopieces

毎日のこと、音楽や、小さな情報など、のんびりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dr.パルナサスの鏡

今日は雪が散る中 「Dr.パルナサスの鏡(The Imaginarium of Doctor Parnassus)」観てきました。レディースデイだったこともあり お客の95%は女子。
テリー・ギリアム監督作品、「現実世界」を撮り終えた時点で、トニー役のヒース・レジャーが急逝。彼の遺作となってしまいました
その意志を繋いだ3人の親友、ジョニデ、コリン・ファレル、ジュード・ロウが 鏡の向こうのトニー#1、#2、#3を演じ、3人の出演料全額をヒースの愛娘、マチルダちゃんに寄贈したのも有名な話ですね~。

で、映画ですけど、笑っちゃうぐらい吸い込まれたな~。
人々の夢や欲望を形にする魔法の鏡「イマジナリウム」を出し物に一座を率いて旅するパルナサス博士は1000歳!、大昔、一人娘ヴァレンティナを16歳の誕生日に悪魔Mr.ニックに差し出すことを条件に、永遠の命を手に入れていました。誕生日が数日後に迫る中、偶然か?必然か?一座に加わった青年トニーとともに娘を守るべく最後の賭けに出る。ギリアム監督の描く どこまでも続く幻想的な摩訶不思議な世界に 観客はつきあわされざるを得ないっていう感じ。夢って、あとで考えると理解できないけれど、その時は必死で(笑)どんどん展開していくことがあるよね。「現実」さえ「非現実」な感じで、現実との狭間を行ったり来たりするみたいな。
とてつもなくゴージャスで理解不可能で、どこかレトロな映像。凄かったです。3Dで観たかった!
これって、ヒースがいなくなって鏡の中の3人が 演じたけれど、ヒースが存命だったら、あの3人分ヒースが演じるはずだったのかな?そしたらどんな感じになったのかな~?夢想中。
あまり 理論的にならないで、なされるがままに楽しんだほうが勝ちっていう映画でした。ギリアム監督作品ですからね。moon的キーワードは 「選択?」



そうそう、エンドロールの最後に トニーの着メロが鳴り続けて、ちょっとどきっとしました。
officialで DLできるので、さっそく着メロに設定しました(笑)
キャストはみんな素晴らしかったけれど、ヴァレンティナ役のリリー・コールが 素敵だった。
あと、Mr.ニックのトム・ウェイツ も 悪魔なのに憎めない・・・
3人の鏡の向こうのトニーは やはりジョニデが 短時間の中で良い味出してました
来週は 「かいじゅうたちのいるところ」 行かなきゃ。 字幕版観たいんだけどね~。



スポンサーサイト
先日、ブラザーズ・グリムがテレビでやってたので録画して観ました。
物語はまあ普通かなと思いましたが、世界観はよかったな~。
グリム中心に、色んな童話のちょこっとした引用を見つけるのが面白かったです^^
moonさんも観たよね?と思ってブログ遡ったらやっぱり観てましたね^^

テリー・ギリアムっていうと、いまだに一番最初に思い浮かぶのは未来世紀ブラジルだったりします^^;
[ 2010/01/28 00:24 ] [ 編集 ]
パルナサス
これは、顔ぶれからして、観ないわけないよなぁ、
と密かに思ってました。(^^;;

自分は、ギリアム作品は『フィッシャー・キング』しか観てなくて、
今回も、考えちうです・・・。

[ 2010/01/28 16:17 ] [ 編集 ]
>たくろうるさん
実は「未来世紀ブラジル Brazil 」昨年末に初めて観ました!面白かったですし、ギリアム監督の核だという印象でした。
ブラザーズ・グリムも あのコラージュしたようなへんな懐古的(良い意味で)映像が好きです。ヒースだしね(^^)
[ 2010/01/28 23:34 ] [ 編集 ]
>makiさん
はい、観ないわけありませ~んv-10
でも、そういうヤワな想いは すぐ打ち砕かれて、摩訶不思議世界に埋没してきました。
観に行って ヒースの胸に抱かれて来てください(笑)
「フィッシャー・キング」まだ観ていないので、ぜひ観てみます。ちなみに「12モンキーズ」が 面白かったな~。
[ 2010/01/28 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。