うっとり金魚~fallingtopieces

毎日のこと、音楽や、小さな情報など、のんびりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Reign of Kindo / this is what happens

This Is What HappensThis Is What Happens
(2010/07/14)
ザ・レイン・オブ・カインド

商品詳細を見る

今年は Tim Christensen&DMLを別とすると、最も聴いているのは この、The Reign of Kindo と、前身 This Day and Age、そしてTDAから脱退しちゃった Jeff Martinと TRKの Steven Padin のユニットの 「The first joke & other matters」 特に TRKは好みの ドつぼです!!
美メロ、癒し声、音は JazzyなPOP. いや、ROCKなJazzかな??
今作は 特にフリーキーな部分と、逆に 超リリカルな部分が強調され、可能性を またまた大きく拡げたという感じ。演奏が巧すぎです
でも、とてもとても残念なことに、Pianoの Kelly Sciandraが このアルバムを最後に脱退。彼らのことだから、また何かの形での ユニットもあるだろうけれど、彼のピアノが聴けなくなるのは、ほんっと 残念!! Kellyは もしかしたら もっとJazzな活動に入るかもね。
好きな曲は たっくさんあるけれど。


スポンサーサイト
[ 2010/08/10 18:12 ] 洋楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。