うっとり金魚~fallingtopieces

毎日のこと、音楽や、小さな情報など、のんびりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-」

今夜は 映画「手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-」の試写会に行ってきました。
311以後、映画館が復旧したのはわかっていても、余震に襲われたら~?という不安で なかなか行く気がしなかったのですが、意を決して行ってきました。
「舞台あいさつ」を 日本全国15会場で衛星中継と言う嬉しいおまけつき。
特に、先日、名取を訪れたという吉永小百合さんのメッセージにはじ~んときました。

映画の方は いろいろ書くとネタばれなので書きませんが コミック同様 なんといっても↓のうさぎのシーンが全てを物語っている気がしました。何度も想い出しては涙がこみ上げてきます。
今作は3部作の第1部。シッダールタの誕生からブッ­ダとなる前の姿を描いています。
次回作が もう待ち遠しいです。
かなり辛い内容ではあったけれど、311大震災がなかったら感じ方は全く別のものになっていたと思います。
これは もちろん映画に限らず 全てのことに言えるけれど。

official
http://wwws.warnerbros.co.jp/buddha/
予告トレーラー
http://youtu.be/XZBS5-EF6RE


ブッダ全12巻漫画文庫ブッダ全12巻漫画文庫
(2002/11)
手塚 治虫

商品詳細を見る

スポンサーサイト
手塚作品は多少マニアックなものからかなりの数を読んでますが、やはりブッダは上位に入りますね。
手塚作品て、過去の例を見るとアニメ化では(手塚氏が入れ込んだアニメーションとしては皮肉な話ですが)なかなか原作を超えるのは難しい(超える必要はないんですけどね(^^))と思うのですが、
やっぱり映画、テレビ問わず、『手塚作品がアニメーション化』の話を聞くと、ちょっと気になっちゃいますね~。
[ 2011/05/12 01:28 ] [ 編集 ]
>たくろうるさん
そうですね~。
いろいろ書くときりがない感じ(笑)です。
ある意味、別物になっても 根底に本質が流れているというアプローチが無難なのかも?
みんなに観に行ってもらって、第1作でポシャらないように祈ってます。
[ 2011/05/12 18:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。