うっとり金魚~fallingtopieces

毎日のこと、音楽や、小さな情報など、のんびりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英語の先生たち

blog de tweet
震災後、帰郷していた4人の英語の先生たちが 次々福島へ帰ってきました。
そのうち2人の先生(from カナダ&マレーシア)の クラスは5月末からレッスン開始。
別の2人の先生(from USA&オーストラリア)のクラスは 一緒に習っていた友人たちがギブアップしちゃったので
残念ながら どうやら解散になりそう。近々、お茶でもしようと言うことになったけれど。

小さいお子さんがいるのに 福島へ帰ってきた彼らの勇気?には 感謝です。
カナダからのS先生は 毎晩 お母さんから「早く帰っておいで~」と言われているそう。
やはり きっと 頻繁にホームタウンへ帰ることになるんだろうな。
スポンサーサイト
国際結婚している親戚も、震災後、奥さんと小さな子供兄妹がアメリカ帰っちゃったきりで、
Skypeで毎日やりとりはしてるけど、寂しいので今週末にこちらから会いに向かうそうです。
お兄ちゃんの方は小学生なので、学校の友達に会いたくて早く日本に帰りたいみたいですが、
やっぱり向こうのお爺ちゃんお婆ちゃんは心配みたいですね~。娘さんと、特に小さな子供たちですからね…。
海外の家族の方は、実際の日本の状況も掴みづらいでしょうしね…。

静岡や神奈川の茶葉からセシウム出たとか、福島ほど酷い状況ではないにせよ、
正直、日本人ですら実際のところはよくわからない汚染状況ですもんね…。
[ 2011/06/17 01:44 ] [ 編集 ]
>たくろうるさん
ほんとにね~何しろ世界初、人類史上初(たぶん?)ですから。誰にもどうなるかなんてわかりませんよね。
USAから来ていた友人(fromオハイオ)はハズバンド(日本人)を連れて?帰国しちゃいまいましたが、彼がUSに永住できるようにしたい、とメールくれました。
もう日本には帰らないつもりみたい。
いろいろな考えがあって当たり前ですが、悲喜こもごもですぅ・・・。
[ 2011/06/17 22:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。